一般事業主行動計画

トヨタテクノクラフト株式会社は、次世代の育成支援をするため「次世代育成支援対策推進法」に基づいた一般事業主行動計画としてのアクションプログラムを策定し、総ての社員が働きやすい環境をつくるとともに、仕事と生活の調和の実現に向けて取組みます。

トヨタテクノクラフト株式会社
次世代育成支援行動計画

全ての従業員がやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、多様な生き方が選択・実現できる社会を目指し、心身ともに健全な会社生活を送れるよう、次のアクションプログラムを策定・実行する。

行動期間

平成27年7月1日 ~ 平成30年3月31日

アクションプログラム

1.「健康で豊かな生活」のための時間づくりの推進

生産性や創造性、業務の効率向上を目的とし、長時間労働の抑制など労働環境の改善をおこない、仕事と家庭の両立や仕事と生活の調和を図るための時間づくりを推進する。

  • 平成28年3月までに、働き方の改善に向けた取組みの課題と仕組みの検討
  • 平成29年3月までに、働き方の改善の定着化に向けた仕組みや制度の見直し
2.社会情勢・会社を取り巻く環境を考慮した新たなアクションプログラムの検討および策定

  • 平成30年3月までに、新たなアクションプログラムの策定、および公表と社内への周知