車両開発・特装車両

  • 1950-1960年代
  • 1970-80年代
  • 1990年代
  • 2000年代

1950-1960年代

1955 中古シムカを初めてステーションワゴンに改造
中古車を特装車両(患者輸送車・現金輸送車)に改造することで販路の拡大を図る。
SF型セダンを改造した
ステーションワゴン
1957 マイクロバス生産開始
前年から試作を重ねていた小型バス「マイクロバス」の生産を始める。
「マイクロバス」は当時作業部長の宮島貞利が付けた“商品名”で、今はそれが起源となり、小型バスの一般名称として浸透している。
1962 9人乗りリムジン製作 オートショーへ出展
1964 映画「007シリーズ」使用ボンドカートヨタ2000GTを製作
トヨタ2000GTをオープンカーに改造。当時はボンド役のショーンコネリー氏とボンドガール役の浜美枝さんが揃って工場を訪問。今は亡き石塚副社長がドライビング・テクニックをコーチした。
1969 第16回東京モーターショー出品のEX-1を製作
  • 1950-1960年代
  • 1970-80年代
  • 1990年代
  • 2000年代

1970-1980年代

1986 クラウンブライダルカーがTECS車に
「ブライダルカー」がトヨタ自動車の品質基準をクリアし、“TECS車”扱いとなり、トヨタ自動車の完成車メーカーとして新たな一歩を踏み出す。
1987 トヨタの初代乗用車「TOYODA AA」を復元
トヨタ自動車(株)50周年を記念して、トヨタ初代乗用車「AA型」復元を当社開発部門が復元、製作した。
トヨタ自動車、センチュリーリムジンを発表
トヨタ自動車から「センチュリーリムジン」を依頼され、内装・装備を施す作業を当社が担当した。
1989 RV特装車「ハイエースマイティ(TECS車両)」・ソーラーカー「RaRa」製作
ハイエースマイティ RaRa
第28回東京モーターショー出品の「RAV-FOUR」「4500GT」他を製作
RAV-FOUR 4500GT
  • 1950-1960年代
  • 1970-80年代
  • 1990年代
  • 2000年代

1990年代

1991 第29回東京モーターショー開催
「AXV-Ⅲ」「AXV-Ⅵ」は当社が初めて企画段階より開発・製作を行う次世代「トヨタアンビュランス」を展示
1992 トヨダトラックG1型を復元
トヨタのトラック第1号である“G1型”は、トヨタ自動車(株)創始者の豊田喜一郎氏の生誕100周年を記念して「産業記念会館」に展示されるために復元された。
トヨタハイメディック(高規格救急車)生産開始
高規格救急車として国産初の消防庁認可を受け、横浜で生産を開始した。
防振ベッドを自社開発
詳しくはこちら
カローラスプリンター「フレンドマチック」を発表 TECS車両
第30回東京モーターショーの「RAUM」「RAUM-Ⅱ」「ハイエースマイティ」「カローラフレンドマチック」を製作
RAUM
1993 当社で製作した「TOYOTA56」がワールドソーラーカーチャレンジレース(オーストラリア)4輪車部門で第1位獲得
1996 MRスパイダーを発表
MR-2をベースにした当社オリジナルオープンカー「MRスパイダー」を発表。
トヨタクラッシック発表〔TECS車両〕
初代乗用車トヨダAA型セダンをモチーフとした「トヨタクラッシック」を製作。
1997 ハイメディック2代目生産開始
初代防振ベッドを改良
詳しくはこちら
1998 クラシックバス発売
トラックシャシーに'30年代の英国調ボディを再現したバスで温泉・観光地で活躍。
詳しくはこちら
1999 TC Pickup発売
トヨタ「ハイラックスピックアップ」をベースにクラシック調にした「TC Pickup」を発売
詳しくはこちら
  • 1950-1960年代
  • 1970-80年代
  • 1990年代
  • 2000年代

2000年代

2000 ハノーバー万博でLantern Car 螢を製作
詳しくはこちら
2001 第35回東京モーターショーに出展
製作車両はこちら
2002 横浜ベイスターズリリーフカーをMR-Sベースで製作
詳しくはこちら
国内初 FF小型ノンステップバス「ポンチョ」製造
詳しくはこちら
第36回東京モーターショーに出展
製作車両はこちら
2003 コンフォートGTZスーパーチャージャー限定発売
「東京オートサロン2003」に出展、チューニングカー部門で優秀賞を受賞。
詳しくはこちら
第37回東京モーターショーに出展
製作車両はこちら
2004 産業技術記念館に展示する「TOYODA A1」を復元
詳しくはこちら
2005 愛知万博でIMTSを製作・パートナーロボットのボディ形成、塗装を担当
詳しくはこちら
第39回東京モーターショーに出展
製作車両はこちら
2006 トヨタ・ハイメディック3代目生産開始
当社で製造しているトヨタハイメディックは全国各地に配備され社会に貢献しています
2007 第40回東京モーターショーに出展
製作車両はこちら
2009 カローラアクシオGT発売
カローラアクシオ × 5MTをベースに製作
※2012年3月生産終了
2010 LEXUS LFA(一部パーツ製作)
FCHV-BUS
世界で始めて高速定期路線の運行を実現した燃料電池バスを製作
プラド道路パトロールカーを生産開始
ハイラックスサーフの生産終了に伴い、後継車種として新型プラドをベースとした道路パトロールカーを開発し、生産を開始
2011 オープンカーの制作
様々な用途のオープンカーを製作しています
ヴィッツRS Racing(NCP131)
ベース車両をモデルチェンジ
IS F Circuit Club Sport Parts を発表
詳しくはこちら
IS F Circuit Club Sport Racingを製作
2012 ワンメイクレース「GAZOORacing86/BRZレース」開催
スイング式の防振ベッドを開発
詳しくはこちら
iQ GRMN Supercharger
車両開発と生産(架装)
2013 Vitz GRMN Turbo
車両開発と生産(架装)
2013 14R-60
創立60周年記念車両としてコンプリートカー「14R-60」を発売
2013 14R
「14R-60」のイメージを踏襲したコンプリートカー「14R」を発売
MARK X GRMN
車両開発