第36回東京モーターショー2002

第36回東京モーターショー2002 先進の環境技術にTTCの技術が光る!

10月29日(火)から11月3日(日)まで、千葉の幕張メッセで開催され今回も内外に反響を呼んだ「第36回モーターショー2002」。
トヨタ自動車は「環境と人への優しさ」こんなテーマのもとに、日野自動車、ダイハツ工業と3社合同で「環境・福祉・ITS(Intelligent Transport Systems)」の各分野において、その先進の環境技術を披露しました。そして、ここにもトヨタテクノクラフト(TTC)の最先端テクノロジーが生きています。そこで改めて、次世代を見据えたTTCの技術が光る話題の展示車両を紹介してまいります。

FCHV-BUS2(エフ シー エイチ ヴィ バス ツー)
燃料電池ハイブリッド・ノンステップ大型バス FCHV:Fuel Cell Hybrid Vehicle

もうすぐあなたの街にお目見えするでしょう

トヨタと日野が共同で開発した燃料電池ハイブリッド・ノンステップ大型バスで、高圧タンクに貯蔵した水素ガスを燃料にしています。だからCO2およびNOxやPMを排出せず、しかも低騒音!すでに、国土交通大臣の認定を取得公道走行試験も開始して、もうすぐあたなたの街にお目見えするでしょう。

ユニバーサルデザインコンセプトを取り入れ、お年寄りも子供も見やすい絵文字の案内版表示、室内カラーも、明度差や補色を利用して心地よい居住空間を演出しています。

  • 全長:10,515mm
  • 全幅:2,490mm
  • 全高:3,360mm
  • ホイールベース:5,110mm
  • 乗車定員:62人

PONCHO(ポンチョ)ノンステップミニバス(小型バス)

コンパクトで親しみやすいデザイン

コンパクトで親しみやすいデザイン。狭い路地も楽々と走れる全長6mを切ったコンパクトサイズのコミュニティーバスです。低い乗降ステップとフルフラットフロアが、誰でも気軽に安心して利用出来ます。

優しい乗降性と親しみやすいデザイン。
  • 全長:5,770mm
  • 全幅:1,955mm
  • 全高:2,830mm
  • ホイールベース:3,700mm
  • 乗車定員:20人
  • 総排気量:2,798cc

ALSV(エイエルエスヴィ) 新しい人とクルマの関係を提案!

新しい人とクルマの関係を提案するユニバーサルデザインをカタチに!

こんなコンセプトのもと、みんなで楽しみを分かち合えるクルマです。
スムーズな乗り降り、簡単で使いやすい操縦性、内装部にバイオプラスチックを採用、安全・環境にも配慮したひとつひとつが特別な仕上がりです。

  • 全長:4,000mm
  • 全幅:1,690mm
  • 全高:1,535mm
  • ホイールベース:2,500mm
  • 乗客定員:4人
  • 総排気量:1,496L

パノラマオープンドアがうれしい!
助手席側の扉がピラーごと開く大開口のパノラマオープンドアがうれしい! 両側電動スライドドアで開閉もラクラク!

コントロールパネルの操作も簡単!
ステアリングのまわりにアクセルとブレーキなど操作系をインテグレード。スポーツ感覚のフレンドマチックも採用して、誰でも運転するのが楽しくなります。

助手席もダブルシートが可能!しかもポンと折り畳めば広々スペースが出現します。
※但し助手席がダブルシートの場合は助手席回転シートは装着されません。

運転座席も回転シートで無理なく乗り降りが可能です。