サービス

  • 1950-1960年代
  • 1970-80年代
  • 1990年代
  • 2000年代

1950-1960年代

1954 6月7日トヨペット整備(株)創立
トヨタ自動車販売(株)・神谷正太郎社長(故人)の発案で、東京トヨペットの下取りする車両の中古車再生を目的に設立された。
1957 中古車整備を開始(中古車再生の減少により事業終了)
1965 芝浦工場完成
中古車整備の拡大のため、最新の整備機器・検査ラインを備えた、当時東洋一と言われたマンモス工場が完成
1968 荻窪工場開設
当社2番目の整備工場として開設
  • 1950-1960年代
  • 1970-80年代
  • 1990年代
  • 2000年代

1970-1980年代

1970 六郷工場開設
トヨタ自販がダイハツ自動車から譲り受けた工場を改修して、第3の工場として開設(1975年には閉鎖)
1972 深川工場開設
1976 サウジアラビアに技術員を派遣
トヨタ車輸出国へのメカニックの技術指導のための海外派遣を本格的に開始。
1978 多摩工場開設
事故車修理をメインとした第5の整備工場として開設
1980 イラクに技術員を派遣
1985 中国に技術員を派遣
1988 業界初の車体整備作業システムを導入
芝浦工場で、納期短縮を目的に1ユニット内に必要な設備を配置して板金塗装作業を行う“QUシステム”を導入
1989 米国レクサスに技術員を派遣
  • 1950-1960年代
  • 1970-80年代
  • 1990年代
  • 2000年代

1990年代

1990 芝浦工場へ
「BIT(Body Repair Innovation&Training System)室」を設置
ボデーサービスメカニックの技術教育と研究開発機能を持った実習室を設置
  • 1950-1960年代
  • 1970-80年代
  • 1990年代
  • 2000年代

2000年代

2003 芝浦再開発工事完了
2001年よりスタートした再開発が完了
2004 芝浦工場 ISO 14001 認証取得
2005 芝浦工場が”全国統一レクサス登録BPショップ”に
「レクサス品質」を確保できるBPショップとして、トヨタ自動車から全国レクサス店へ案内された。
2008 深川工場返還
2010 芝浦工場をレクサスサービスセンター東京へ改称
LFAメンテナンス業務開始
荻窪工場ISO14001認証取得
2005 多摩工場ISO14001認証取得