先輩インタビュー

開発部MS車両開発室第1シャシG 松田 祐樹

レース車両開発分野で活躍する若手エンジニア 松田祐樹さんに海外での開発テストの合間を縫って、一問一答形式で答えていただきました!

「小回りを利かせた」開発ができる環境がテクノクラフトの魅力

大学時代の研究・専攻を教えてください。

学部時代から大学院まで一貫してクレイナノコンポジットと呼ばれる複合材料の機械的特性について研究していました。SuperGTではCFRPという複合材料を使用しているという点で繋がりはありますが、仕事でやっている車両運動などとはあまり繋がりはないですね。

数ある企業の中からトヨタテクノクラフトを選んだ理由を教えてください。

もともと車が好きで、大学の自動車部でダートトライアルなどの自動車競技に参加していました。それもあって自動車業界でもモータースポーツ系企業を志望していました。最終的に、テクノクラフトに決めたのは大きな会社ではかなえられないような、小回りを利かせた開発ができると思ったためです。

学生時代にやっておけばよかったと思うことは何ですか?

外国人のレーシングドライバーと仕事する機会が多く、英語を使う頻度がかなり高いです。英会話の勉強をしっかりやっておけばよかったと思っています。

決められた条件の中で“大きな違い”を生み出す

現在担当している仕事について教えてください。

Super GTという国内を中心に開催される自動車レースのGT500クラスで走行する、LEXUS LC500というクルマの車両運動(シャシ系)データの評価およびレースにてクルマを走らせるチームへの走行サポートを担当しています。

仕事をしていて、面白いところはどのようなところですか?

Super GTというレースは規則が細かく決められていて、それを遵守して開発を行うことが義務付けられています。
現在の規則では他メーカー(日産・ホンダ)との大きな違いを出すことは難しいのですが、その中でも僅かな差が大きくタイムに影響することもあるので、これらを発見、解析することに面白さを感じます。

辛さを感じることはありますか?

僕たちの役割は、リタイヤの原因となる不具合の早期発見や対処方法をデータから判断し、チームをサポートすることです。1分1秒を争うレース中には、時に不具合が解析しきれず、対応が出遅れてしまうことがあります。
もちろんそれらを予測してレースサポートに臨んでいるのですが、「あと一歩のところで優勝!」という場面でリタイヤしてしまった時は、非常に辛く悔しい気持ちになりました。

休日の過ごし方

休日はどのように過ごしてますか?

Super GTのレースは土曜、日曜に開催されるので、レースウィークは週末出張になり、平日に振替休日を取得します。
そういった時には人が少ない映画館や空いている道を快適にドライブしたり、人混みを避けて、ストレスフリーな休日を満喫しています。

目指すは車両開発のスペシャリスト

将来へ向けての目標や自分が目指す姿を教えてください。

将来は現在の評価での経験を活かして、車両設計側の仕事に携わりたいと思っています。

「物事を効率よく進める考え方」

これから入社してくる後輩達に望むことは何かありますか?

レースの世界では、僅かな判断ミスやタイムロスで良い結果を逃すことがあり、素早い判断能力が必要です。どんなことでも良いので、普段から効率よく物事を進めていく考え方や取り組みを意識した行動を心掛けるときっと役に立つと思います。

最後に就職活動をされている学生さんへのメッセージをお願いします!

人生の半分以上を左右する可能性がある就職活動ですが、期間としては短くて3ヶ月、長くても1年くらいです。
「やりたい仕事を見つけられるか?」「そもそも就職できるのか?」など不安をたくさん抱えている学生さんも多いと思います。学生時代の僕は「長い人生の中の僅かな期間に、全力を注いで自分の進路についてしっかりと向き合う」ことを考えて就職活動に挑んだところ、肩の力を抜いて就職活動を進めることができました。
皆さんがやりたい仕事に就けるよう応援しています。